コラム

床暖熱と基礎断熱(床暖房が必要なのはどっち・・・!?)

「冬 暖かい家」を考えるにあたって、一つ重要な視点があります。

それは「断熱の位置」です。

特に床下の断熱位置を意識していただきたいと思います。

断熱性の高い家は断熱材で屋内と屋外を仕切ることで熱の行き来を遮断するわけですが、日本のこれまでの家づくりだと断熱材の施工位置が「床」でした。

床の直下に断熱材が施工されていますので、コンクリート基礎との空間は屋外になり冬の寒い日には0度の風が流れています。(通風を確保し風を流さないと湿気を呼び、シロアリなどの発生原因となります)

 

 

 

 

 

私たちが提案したいのは「基礎断熱」

コンクリート基礎の垂直部分に断熱材を施工しますので、床下空間が室内となります。

ですから空調された室内の空気が床下を流れています。

もう一つ言わせていただくと、地面自体は地熱を持っており一年中ほぼ一定で15度前後なのですが、その熱を屋内の熱源として利用できます。

 

 

 

 

サーモグラフィの写真を見ると一目瞭然。

ホールハウス断熱(基礎断熱)の場合は床下も室内空間ですので、エアコンの効いていない脱衣所や寝室でも床は18~19度あります。

それに対してパーシャル断熱(床断熱)では、断熱材があるとは言うものの床下は外気になりますので暖房のかかっているリビングですら床の温度は10度暖房のない脱衣所は5度になります。

最近床暖房を標準にしている建築会社もありますが、「床断熱で床が冷たくなるから対策として床を温めなければならない」ということを自らカミングアウトしているように私には聞こえます。

 

現実に私たちが建てた家では、1・2月でもお子様が裸足で走り回っていらっしゃいます。

暮らしやすいお住まいを手に入れるために、「断熱の位置」にもぜひ気を配ってみてください。

 

                                        

\\\  賢い家づくり勉強会開催!  ///

3/17 (日)  13:00~16:00 アクリエひめじ 404

お家づくりをするにあたって、知らなきゃ損するポイントは!

ハウスメーカーの住宅はなぜ高いのか?

建てた10年後に後悔しないための事前チェックポイント

お申込みは、弊社ホームページのお申込みフォーム、もしくはお電話にてお待ちしております。

ホームページ:https://www.rhouse-himejikita.com/study/322/

関連記事

  1. コラム

    住宅ローンの金利タイプとは

    こんにちは、ビオラホームの山田です。今日は、住宅ローンの金利タイプ…

  2. コラム

    2024年住宅ローン控除に変化が!?

    こんにちは、ビオラホームの山田です☺先日8/17、我が家の愛犬「c…

  3. コラム

    土地の見つけ方✨

    こんにちは!ビオラホームの中村です注文住宅購入を検討し始め、まずは…

  4. コラム

    無垢フローリング アカシアの床

    こんにちは☺ビオラホームの山田です。11月も残すところあと数日…

  5. コラム

    家づくりで知っておきたい断熱基準

    家づくりで重視したいポイントの一つに挙げられるのが、「性能」。性能…

  6. コラム

    住宅価格の高騰はいつまで続く?

    こんにちは☀️  ビオラホームの中村です😊先日、建築家・安藤忠雄氏…

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  1. お客様邸

    N様と建築家 赤松先生☆
  2. ビオラホーム

    新しい風の予感…✨
  3. コラム

    注文住宅の土地の選び方とは?
  4. ビオラホーム

    I様邸上棟式♪
  5. お客様邸

    大好評の賢い家づくり勉強会
PAGE TOP